女性

子供好きにはたまらない職業は保育士|資格取得して働いてみよう

業務の管理の方法

婦人

マネジメント能力は管理職の中でも役職によって、必要とするスキルが異なります。そのために求める資格の種類も変わりますが、その勉強の過程で得るべき能力を備えていくことが可能となります。常に自分の目標を定めることが必要です。

View Detail

必要とされるスキル

男女

ビジネスで資格は必須となり、専門の教育を受ける社会人は増え続けています。仕事に役立てられる知識や技術を学ぶことに加え、そのスキルを使える場所にいるのか、その点も重要視すべき内容で、遣り甲斐や働きやすさにも繋がります。

View Detail

需要が高まる仕事

保育

まずは条件を確かめよう

待機児童問題が取り沙汰されている中、保育士の需要は高まっています。児童福祉法が改正され、国家資格となった保育士ですが、資格取得の条件がやや変更があります。保育士を養成する学校で所定の課程・科目を履修して卒業すればそのまま資格取得となります。一方、保育士試験を合格することでも取得が可能になっています。後者は受験資格が引き上げられていますので、まずは条件が合致するか確認する必要があります。ちなみに大学であれば2年以上通って62単位以上あれば、中退であっても受験資格はあります。保育士試験はわりと難易度も低く、3年以内であれば年をまたいで順番に科目に合格していけばいいので、ゆっくりと合格を目指すこともできます。

自分のペースで

試験は6割以上でその科目は合格です。絶対評価ですので、他の受験者がどんなに優秀でも気にする必要はありません。先述したように3年にまたいで科目合格ができますので、計画が立てやすくなります。もちろん一発合格の人もたくさんいます。年に2回試験があり、筆記と実技は別日に行われます。実技は3つの分野から2つを選ぶ形式なので、得意なものを選ぶと良いでしょう。独学でも合格は目指せますが、初年度で一発合格を目指したい人や勉強方法がわからないという人は、通信教育という選択肢もあります。これならカリキュラムに従い進めるだけですし、添削などもしてくれるので苦手克服も簡単です。また、毎年変わる法改正にも対応しているところも魅力です。

言葉のリハビリ

相談

言語聴覚士とは、言葉のリハビリを行う医療者です。目指すなら、専門の養成課程がある大学か専門学校で三年以上学ぶ必要があります。大学と専門学校では学費や授業内容などに差がありますが、一長一短なので注意しなければならないでしょう。就職サポートがあるかどうかも選ぶときに必要なポイントです。

View Detail