言葉のリハビリ|子供好きにはたまらない職業は保育士|資格取得して働いてみよう
メンズ

子供好きにはたまらない職業は保育士|資格取得して働いてみよう

言葉のリハビリ

相談

学費と授業内容を知って

言語聴覚士とは、広く言葉に関係する分野のリハビリを専門に行う医療者のことです。対象となる層は様々で、認知症の高齢者もいれば、発達障害の子供もいます。何らかの原因で失語症となってしまった人なども対象となります。言語聴覚士はかなり新しい資格で、スタッフとして正式に採用されている病院はまだそこまで多くありません。しかし、今後は増えていくと予想されています。言語聴覚士になるには、養成課程のある大学か専門学校で三年以上学ばなければなりません。専門学校は三年制のことが多く、大学は四年制が一般的です。学費は専門学校の方が安いですが、授業は大学の方が充実していてゆとりがあるといえます。一長一短あるので、自分にあう方を選びましょう。

就職のサポートも考慮して

言語聴覚士となるには、専門学校などの学校に通わなければなりません。選ぶときは、大学か専門学校かが最初のポイントとなります。早く社会にでるためには、専門学校の方がよいですが、しっかりと知識を得たいのならば大学の方がよいでしょう。どちらにしても、就職のサポートがきちんとしているかどうかもチェックすべきポイントです。言語聴覚士は将来的な必要性は高いですが、現在の求人数は多いとはいえません。そのため、非常勤としての就職になることもありえます。いずれ求人数は増えてくることが予想されますが、現在でもきちんとしたサポートがあるところを選ぶ方がより有利に就職できるのは間違いありません。サポート内容や就職実績をチェックするとよいでしょう。